アニメ「ポピーザぱフォーマー」マジおすすめ!キッズステーション

「ポピーザぱフォーマー」おすすめ口コミ

「ポピーザぱフォーマー」詳細

『ポピーザぱフォーマー』(POPEE the ぱフォーマー)は、瑞鷹(ズイヨー)とキッズステーションが製作したCGアニメ。

概要
2000年春からキッズステーションで放送。キャラクターや背景が全て3DCGで描かれている、1話5分(本編4分)の短編作品。最終話を除きキャラクターボイスによる台詞や字幕は一切無いのが特徴である。 キッズステーション内での初期のCGアニメなので、放送初期は簡単な説明番組を清水香里と青柳常夫が出演し、何度か放送されていた。 また、原作者である増田龍治・増田若子による漫画化作品が講談社「月刊マガジンZ」で連載されていた。

作品内容
ウサギの被り物をした見習いクラウンの「ポピー」と仮面を被った謎の動物「ケダモノ」らによる、シュールでブラックユーモア溢れるドタバタギャグコメディサイレントアニメである。

爆弾を炸裂させる・やたらと凶器を振り回して登場人物を切断する・登場人物を銃で射殺する・登場人物を食べるなど、子供向けアニメとは思えない刺激の強い残虐な描写・表現が多い。このため、体裁上子ども向けチャンネルであるキッズステーションでは、放送を取りやめた回も2話存在している(後述参照。DVDには収録されている)が、デザインと3DCGの特性を生かした演出の妙がシュールな不条理ギャグへと転化させている。

第11話”SWALLOWER”はポピーが剣を飲み込んで串刺しになり、それが元となった騒動によって車で引き摺り回され大流血するというあまりに過激な内容だったため、キッズステーションでは未放送である。また第27話”KNIFE GAME”はカエルがナイフで細かく切り刻まれてしまう描写があったため、キッズステーションはこの回の放送を自粛した。
引用:Wikipedia

「ポピーザぱフォーマー」視聴情報

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする