Angel Beatsとかいうバンドほとんどやらないバンドアニメがオススメ

「Angel Beats」おすすめ口コミ

「Angel Beats」詳細

『Angel Beats!』は、P.A.WORKS制作による日本のオリジナルテレビアニメ作品。全13話+特別編2話。略称は「AB!」、「AB」など。 キャッチコピーは「――神への復讐。その最前線」。 また関連作品として、『Angel Beats!』

引用:Wikipedia

概要

死後の世界の学園を舞台にした青春ドラマ。死後の世界であるため、通常なら死ぬような行動を取っても死ぬことはない。テストや球技大会・学食での食事などの日常的で平和な学園生活と、銃火器や刀剣を用いて天使と戦う非日常的な生活、そして登場人物の送った生前の理不尽な人生[注 3]、この三者を柱にストーリーが展開される。

引用:Wikipedia

あらすじ

森に囲まれた丘陵地にある天上学園[注 4][注 5]は生徒総数2000名を越える全寮制の学校。一見するとごく普通の生徒らが生活を送っている学園だが、そこは死後の世界だった。

現世で理不尽な人生を体験し、青春時代をまともに送れずに死んだ者はこの世界に送られ、あらかじめ用意されたエキストラの生徒や教師達(NPCと通称される)と共に、学園で楽しい青春時代を過ごす内に未練を無くし、「消滅」(成仏)し、転生する[注 6][注 7]。

しかし、転生することを拒む人々がいた。少女・ゆりをリーダーとする“死んだ世界戦線(略称SSS、以降、戦線)”は、理不尽な人生を強いた神への復讐を目的としており、どうにかしてこの世界にいるである神、あるいはそれに類する存在を見つけ出そう、引っ張りだそうと、さまざまな反学園的行動をして学園に留まっていた。そのため学園の秩序を守ろうとする生徒会長と日夜争っていた。生徒会長は、“何もない空間だった手先に突然刃物を出す”“飛んできた銃弾の方向をねじ曲げる”などの非人間的な能力を持っているため、ゆり達からは神の使いか手先のような者と推察されており、“天使”と呼ばれていた。一方の戦線は、長い時間をかけて生産し備蓄した銃などの武器を使い、元々死後の世界であるため“死ぬ”ことのないこの世界で[注 8]死闘を繰り広げていた。

そんな世界に少年・音無は、記憶を失った状態で出現し、ゆりに勧誘されて、戦線のメンバーとなる。そして戦線の活動を続けるうちに、戦線と“天使”との和解を考えるようになる。

引用:Wikipedia

「Angel Beats」購入情報

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする