仕事帰りに窓全開爆音でB’zのultra soul聴くのマジおすすめ!

「B’zのultra soul」おすすめ口コミ

「B’zのultra soul」詳細

『ultra soul』(ウルトラ・ソウル)は、日本の音楽ユニット・B’zの31作目のシングル。
2001年世界水泳選手権大会公式テーマソング。2011年にはアレンジバージョンの「ultra soul 2011」が使用され、2013年には再び本曲が世界水泳中継のテーマソングとして使われた。
LIVE-GYMでは、ほぼ欠かさず演奏されている定番曲である[注 1]。リリース以降、B’zとしてのライブがなかった2004年・2014年・2016年を除けば、毎年演奏していることになる。リリース当時のライブでは原曲通りのアウトロが演奏されていたが、2002年以降からアレンジが変更されており、ラストの「ウルトラソウル!ハイ!」を3回、又は4回繰り返し、その際に観客を含めて一緒にジャンプすることが定番となっている。
ミュージック・ビデオは、バンドが羽田東急ホテル(現在は閉館・解体済)のプールの水上で演奏しているというもの。撮影時期は2月で、1カットずつ撮り終わったらすぐに近くにある巨大ストーブの前に飛んで行ったという。稲葉は、最初はロングコート、途中から半袖のシャツになる。
サビの最後の「ウルトラソウル(ハイ!)」というフレーズは、当初の松本の作曲の段階では存在していなかった(稲葉によると、「(サビのラストは)もっと流れて行くような感じだった」とのこと)[1]。その後アレンジを進めていくうちに、作詞を担当している稲葉から「タイトルは『ultra soul』でどう?」という話を聞いた松本は、「そのフレーズはイケる!」と感じ、「その部分はみんなで言わなきゃダメでしょ」という思いでサビのラストを現在のフレーズに変更した[1]。

引用:Wikipedia

「B’zのultra soul」購入情報

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする